広島 政界。 河井案里の相手は誰?広島県議の元議長、同期の現役県議、元公設秘書|TCF情報局

維新離党「ポスト河井」巡り波紋 広島県政界「背後に二階氏」の見方も(中国新聞デジタル)

広島 政界

内田茂・元東京都議(時事通信フォト)• 4月に行なわれる統一地方選を前に、永田町が慌ただしい。 「地方のドン」は他にもいるが、そうした大物地方議員にとって、統一地方選は書き入れ時だ。 彼らがドンへとのぼる階段は、自分の手で知事をつくり出すこと。 例えば、当選9回を数える愛知県議会の実力者、水野富夫・県議(69)は・知事をバックアップし、神奈川では、・進次郎父子を支えてきた横須賀選出の竹内英明・県議(68)が黒岩祐治・知事を擁立することで「県議会のドン」にのしあがった。 その一方で、今回の統一地方選では、各地でドンの引退が相次ぐ。 元首相の実弟で県連会長の・前自民党総務会長が知事選に元消防庁次長を擁立したのに対し、竹下系県議14人が別の総務官僚を担いで造反したのである。 県議の1人はこう突きつけている。 「都会と地方の格差の中で、地方出身の国会議員が必死に地方を守る姿勢を見せてくれない。 ポスト安倍候補、岸田文雄・政調会長が長く県連会長を務めていた広島でも、県政重鎮の引退で夏の参院選がキナ臭くなってきた。 改選数2の広島選挙区は岸田派大幹部の溝手顕正氏が改選を迎えるが、党本部は河井克行・首相補佐官の妻で県議の河井案里氏を「2人目の候補者」として擁立する方針を固めた。 「広島には新旧2人のドンがいる。 岸田氏の後見人的存在である林正夫・県議(78)が引退を決めると、そのライバルで非主流派に追いやられていたかつてのドンの檜山俊宏・県議(74)が力を盛り返してきた。 参院選に出る河井案里は檜山派だから、岸田さんも出馬を止めることができない」(自民党市議) 島根でも広島でも、自民党の大物議員たちは、地元のドンがいなくなると地元議員のコントロールを失って選挙を仕切ることさえできずに右往左往している。

次の

令嬢県議、河井夫婦新疑惑…広島自民の仁義なき内ゲバ情報戦

広島 政界

次の衆院選で日本維新の会から広島2区に立つ意向だった灰岡香奈氏(37)が突然離党し、広島の県政界に波紋を広げている。 当面無所属で活動するというが、自民党内には大規模買収事件で離党した河井克行容疑者(57)の地盤、広島3区の党公認をうかがう動きとの見方がある。 妻の案里容疑者(46)が所属した二階派が背後にいるとの声も飛び交う。 党県連は現金を受け取った疑惑のある議員を複数抱え、後任探しには動けていない。 「熟慮の末、日本維新の会を離れる決意をしました」。 6月30日深夜、灰岡氏は自らのフェイスブックに書き込んだ。 国政に4度挑戦し、2013、16年の参院選は広島選挙区、17年の衆院選は広島2区で涙をのんだ。 今後の活動については「広島で続ける」と記すにとどめた。 中国新聞の取材に、灰岡氏は「現時点で今後の具体的な動向は決めていない。 維新の活動に区切りを付けるため」と強調する。 ただ、複数の自民党筋は「灰岡氏が広島3区で自民党から立ちたいと党関係者に明かした」と証言。 維新に離党届を出したのは、克行容疑者が逮捕された6月18日だった。 こうした動きと軌を一にして6月下旬、「二階派を率いる自民党の二階俊博幹事長が、灰岡氏の擁立を画策している」との情報が県政界を駆け巡った。 二階氏は、過去の衆院選で岸田文雄政調会長(広島1区)が率いる岸田派の候補者に対立候補を立て、昨年秋の党役員人事では幹事長ポストを望んだ岸田氏との交代を拒んだ。 岸田氏との溝は深いとされる。 昨年7月の参院選広島選挙区で案里容疑者の擁立に関わり、岸田派の重鎮で党現職の溝手顕正氏を押しのけての初当選を後押ししたのも二階氏だった。 「二階氏ならまたやりかねない」「夫妻の後任選びで党本部が広島に手を突っ込んできたら、言い返す」…。 県議たちの鼻息は荒い。 ただ、党県連による後任探しの動きは鈍い。 背景には河井両容疑者による大規模買収事件がある。 人選を担う党県連の選挙対策委員会には、200万円の受領を認めた奥原信也県議をはじめ、疑惑の議員が複数いる。 ある党県連幹部は「燃えさかっている疑惑の火が消えない限り、後任探しどころではない」と嘆く。 「ポスト河井」探しには「ポスト安倍」を決める党総裁レースへの思惑も絡む。 安倍晋三首相(山口4区)の後継の有力候補の一人である岸田氏を首相へ押し上げるために「夫妻の後釜は何としても岸田派で擁立し、当選させたい」(党県連幹部)との声は強い。 昨年7月の参院選広島選挙区では、溝手氏の支援で一本化した党県連の頭越しに、党本部が案里容疑者も公認した因縁もある。 岸田氏を支えるベテラン県議の一人は言う。 「岸田氏が候補者選びで主導権を握ることができなければ、次の首相なんて絵に描いた餅に終わる」 中国新聞社.

次の

維新離党「ポスト河井」巡り波紋 広島県政界「背後に二階氏」の見方も(中国新聞デジタル)

広島 政界

昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)と妻の参院議員案里容疑者(46)による買収対象者とされる広島県の自民党系の地元議員が26日、公の場で相次いで受領を認めた。 同日だけで6人となり、50万円を使い切り、案里議員を支援したことを明かした議員もいた。 夫妻は合わせて94人に計約2570万円を配った疑いで逮捕された。 県議や市議、首長など地元政治家は40人以上で、提供額は計約1800万円。 釈明に追われ地元政界は大混乱に陥っている。 広島市の沖宗正明市議は記者会見で昨年4月に30万円、同6月に20万円を克行前法相から受領したと述べた。 1回目は市議選当選後で「お祝い金の性格が強いと思った」とする一方、2回目は「案里さんへの応援依頼の意味があると思った」と説明した。 50万円は日常生活で使い、参院選では「案里議員を推薦している」とのはがきを約3000枚書いて支援。 公選法違反(被買収)の罪に問われる可能性があり「起訴となれば、判決を待たず辞職という道を選ぶ」と話した。 広島市の谷口修市議も昨年4月、克行前法相から50万円を渡され「返すつもりで自宅の机の引き出しで保管していた」と説明。 参院選では案里議員の競合候補で、自民現職だった溝手顕正・元国家公安委員長のために動いたと強調した。 県議会常任委員会で登庁した沖井純県議は昨年4月、克行前法相が50万円を持参したと明かし「危ない(と思った)。 だから(後日になり)返した」と語った。 呉市の土井正純市議は会見で参院選終盤の昨年7月、克行前法相から押し問答の末に30万円を受領したと認めた。 安芸高田市の先川和幸市議会議長は克行前法相から議長室で20万円、水戸真悟副議長も副議長室で10万円を受領したと認めた。 いずれも昨年3月下旬だった。 会見で説明した。 (共同).

次の