青島くんはいじわる 16 話ネタバレ。 漫画 青島くんはいじわる 出版社

青島くんはいじわる【第16話ネタバレ】青島の怒りの原因を知った雪乃は‥?

青島くんはいじわる 16 話ネタバレ

青島くんはいじわる第15話のネタバレ! システム部からの担当として、青島がやってきたことに驚く雪乃。 結婚にこだわらなくても一緒にいられたらいいと思っていたけど、仕事まで一緒じゃなくていいんですけどー!!と心の中で叫びます。 どうやら、本来の担当がインフルらしく、その代わりにきたらしい。 あの二人付き合っているからやりにくいという女性社員の言葉が耳に入ってきますが、藤原はインフルだったらしゃーないとその場を収めてくれました。 その後、藤原と話す雪乃をジッと見る青島。 『近づきすぎ』とメールを送ろうとしますが、それを削除しました。 様子のおかしい青島くん 会議が終わってから青島に声をかけて離していると、女性社員に葛城さんうらやましーとちゃかされ、それを聞いて、会社に公表しておいて良かったと青島が呟きました。 どういうことか意味が分かってない様子の雪乃に、 「僕は雪乃さんにこれ以上近づく事は出来ないから」とまたもや意味の分からない発言をし、ニコッと笑って去って行くのでした。 ・・・・ 自宅に戻った雪乃は、青島の言葉の意味を考えますがわかりません。 なんだったんだろう…と思いながら、仕事のためにパソコンを起動させるのですが、うんともすんとも反応せず、サポートセンターに電話しても繋がらない…。 青島に電話しようか悩むけど、なんか変だったし…と悶々とした後、とにかく電話をかけることに。 事情を説明すると青島はすぐに家に来てくれました。 青島がとりあえず使ってとパソコンを貸してくれたり、いつもの青島くんだとホッとしたのも束の間、青島はお礼のキスを要求してきます。 仕事をしなきゃだから…と断ると、青島は帰ると言い出しました。 雪乃は引き止めて、なんか怒ってるのかと聞くのでした。 青島くんはいじわる第16話のネタバレ! 怒ってるかと聞かれ、「どうかな?」と曖昧な返事をする青島。 はっきり言ってくれないと分からないと雪乃が伝えると、今の言葉をそのまま雪乃に言いたいんだけどと、青島は結婚で悩んでる事を藤原から聞かされたことを言いました。 そう言われた雪乃は簡単に聞けるわけないと答えました。 こんな言い方絶対ダメだと分かっているのに、もう35歳だし、青島に言ったら重たいと思われると思ったことを伝え、 年の差って大きいね…と言ってしまいます。 青島は、雪乃の手を握り、 どうして大切な人の事を重いだなんて思うのかと言います。 そして、 雪乃の気持ちや言葉を全部受け止められるくらい好きなんだと言い、信じてないのは雪乃さんの方だと言って、出て行ってしまうのでした。 突然のことで、思考がメチャクチャになってしまう雪乃。 とりあえず仕事をしようと考えますが、タカコに仕事を頑張っていれば幸せになれるとは限らないと言われた事を思い出し、 少なくとも今は仕事してる場合じゃないと気付きました。 ・・・・・ 青島を追って、雪乃は部屋着のまま出て行くと雨が降ってきてしまいました。 きっとそれは本心で、いつも向き合ってくれてたのに…とうずくまって涙する雪乃。 そこへ、傘を持った青島がやってきました。 何やってんですかと言われ、雪乃は青島に飛びつくのでした。 >> 青島くんはいじわる第15話・16話の見どころ&考察! なんか最後はいい感じでしたけど、青島くんの言葉の意味がまだ分かんないです。 青島が怒っていたっぽい?理由や、雪乃のことがすごい好きって言うのは分かったけど、「これ以上近づくことはできない」ってなんだったんでしょうか? まさか、あの言葉の意味が分からずに、このまま仲直りしちゃうのかな。 公表しておいて良かったって言ってるし、それなら近づいても問題なさそうな感じなのに、これ以上近づくことできないって意味不明ですよね。 なんで青島がそんなこと言ったのかも、のちのち説明して欲しいです! 青島くんはいじわるなど漫画を無料で読む方法 以上、『青島くんはいじわる』第15話・16話のネタバレでした。 文字で読むよりも、漫画はやっぱり絵でも読みたい…と思ったら、 めちゃコミックなら『青島くんはいじわる』の最新話まで読むことができますよ。 簡単登録無料• 別途料金はかかりません• また、他の動画配信サービスを賢く利用することで、漫画を無料で読むことも! サービス一覧 U-NEXT FOD music.

次の

青島くんはいじわるの漫画は全巻無料で読める?イッキ読みするならココ!|漫画ウォッチ

青島くんはいじわる 16 話ネタバレ

comics. mecha. どうやらモテる青島は女除けとして雪乃を選んだらしいのだが……。 comics. mecha. すぐに一人でいたいんだなと察した青島は、いいよと快諾してくれます。 青島「でも、もし会いたくなったらうちに来て」 ….. タカコと買い物にやってきた雪乃。 タカコは、青島はどうして結婚を考えていないって言ったのか不思議だと話します。 そして何か隠してるかもしれないし、王子の自宅が気にならないかと尋ねます。 雪乃「ならないわけじゃないけど…隠し事があるとは思えないし」 雪乃が照れながらそう答えると、 「そういうところよ?王子はあの手この手で雪乃に好かれようとしてるんじゃない。 気にならなくても行ってやりなよ。 今は自分の生活ペース守ってる場合じゃないんじゃないの?」とタカコはバッサリと伝えるのでした… --- タカコに言われ青島の家の前までやってきた雪乃。 インターホンを鳴らそうとすると…. バンッ!!! 女性が涙を流しながら勢いよく青島の家から出ていきます!! 状況を飲み込めず驚き固まる雪乃。 青島「あれ?雪乃さん?来てくれたんだ!」 続けて玄関に青島がやってきて、雪乃に気づき大喜び。 雪乃はそんなことより今の人はと尋ねると、 先ほどの女性は母親だと答える青島… 雪乃「泣いてたけど!?」 青島「気にしないでー。 いつものことだから」 気になりながらも家にあがる雪乃はさらに、青島の部屋を見て違和感を覚えます… 雪乃「きれいにしてるね…」 青島「そう?なんもないだけじゃないですか?」 雪乃(そう…なんだけど…なんか…さみしい家…) 青島は雪乃に飲み物はビールでいいか尋ねますが、雪乃は今禁酒していると答えます。 青島「雪乃さんともあろう人が禁酒!?具合でも悪いの!」 雪乃「….。 違う違う!青島くんとの旅行でおいしく飲みたくて」 笑顔で話す雪乃を見て、あははと笑みをこぼす青島。 なんで笑うのと驚く雪乃に、青島は嬉しいと答え顔を近づけます。 青島「でもやっぱり次は雪乃さん家行くね。 うちはおもてなしに向かないし、雪乃さんの家はすごく落ち着くから」 --- 旅行当日。 青島は約束よりも30分早く待ち合わせ場所に到着します。 雪乃「青島君も早いね!」 青島「今日は ご褒美旅行だから、待たせるわけにはいかないと思ってたのに」 雪乃「ご褒美?なんの?」 青島「わからない?」 雪乃「全然」 青島(あの日。

次の

吉井 ユウ 青島 くん は いじわる

青島くんはいじわる 16 話ネタバレ

青島くんはいじわる 第17話ネタバレ 雨の中傘もささずにしゃがみ込む雪乃。 やっと青島に会えて、嬉しさのあまり抱きついています。 人通りの多い駅。 みんな2人をジロジロと見ていました。 それを聞いた青島も、本当に嬉しそうです。 そして、持っていた傘を離し、俺ももう我慢しない、と言い両手で雪乃を抱きしめます。 それから、足が濡れちゃうから、と雪乃をお姫様抱っこしました。 見ていた女性からはキャーと羨ましそうな声も。 やっと繋がった2人 そのまま2人は雪乃の部屋へ戻ります。 2人でシャワーを浴び、手を繋いだりキスをしたりしました。 青島は、やっと捕まえた気がする、と言い雪乃を見つめます。 雪乃は心の中で、 好きだからそばにいるという単純な気持ちを忘れていた、と気付きました。 ・・・・・ 午前2時。 雪乃はパソコンで仕事をしています。 青島はベッドで寝ていましたが、雪乃が起きている気配を感じたのか目を開けました。 そして、仕事をしている雪乃を愛おしそうに見ています。 コーヒーを淹れてくれた青島。 雪乃は、飲みながら自分の気持ちを話し出しました。 仕事をして、好きなお酒と美味しいものを食べる生活が好きだ、と言いました。 青島はすでにそのことを知っていたので、うん?と返します。 しかし雪乃は、青島が結婚考えていないと知った時、ものすごく動揺したと続けました。 その時、自分が結婚にまだこだわっていたことを自覚したようです。 けれど今は、 こうして二人で入られたら十分だと、幸せそうに話しました。 雪乃の話を、青島は黙って聞いています。 >> 青島くんはいじわる第17話の考察・感想 まず、良かった〜!と思いました。 青島を追いかけて行って、無事会えて、青島も受け入れてくれました。 青島が本音の時に出る、『俺』も3回目が出ました。 朝の通勤の時も、社内の屋上で話した時も、雪乃は周りの目を気にするタイプ。 プロジェクトの件も、会社に付き合っていると公表 青島が勝手に言いふらしただけ していただけに、周りの目が気になりやりづらかったのだと思います。 そんな雪乃が人混みの中で抱きつき、見られても良いと伝えたらそれは心に響きますよね! 愛おしくて、嬉しくてたまらない感じの青島の表情が絶妙でした。 その後のシャワーを浴びるシーンも、読んでいるこっちが恥ずかしくなるくらいラブラブです。 この時の二人は、会話こそ少なかったもののお互いの気持ちを確かめるようにキスを重ねます。 雪乃は、『結婚』という形式にとらわれなくても、好きだから一緒にいる、というシンプルな気持ちに気づきました。 35歳独身で、周りからどう思われるだろう、という考えを無くすことができたのでしょう。 青島も、雪乃のことが好きだからこそ怒っていた自分に気がついたのだと思います。 そしてそれは雪乃のせいでは無いということも分かったのでしょう。 夜中の2時に仕事をしていた雪乃。 さっきまで雨の中濡れることも気にせず抱き合っていたのに、やるべき事はちゃんとやる雪乃に、青島の気持ちもまた深まったようです! 雪乃は結婚にこだわらない、という本音の結論を青島に伝えることができました。 青島は、まだ雪乃に一切父の話などしていません。 過去に、女性からストーカー被害があったことなどもおそらく知らない雪乃。 形式のこだわりがなくなった雪乃にはもう必要ないかもしれませんが、青島は自分の過去から『結婚を考えていない』という発言に至ったことを話すのでしょうか? 次回も楽しみです!.

次の