日立 エレベーター キャンセル。 エレベーターで間違って押した階数ボタンをキャンセルする方法

エレベーターのボタンをキャンセルするコマンド

日立 エレベーター キャンセル

エレベーターのボタンってたまに押し間違えて、同乗者がいると気まずい思いをしちゃいますね。 そんな時に役に立つ、エレベーターの裏技を調べてみました。 大体において、押し続ける or ダブルクリックが設定されているんだとか。 駅のホームにあるような行き先が一つしかないエレベーターでキャンセルを行うと「もう一度行き先階ボタンを押してください」というアナウンスが流れる場合もあるそうです。 すべてのボタンを押す系の技については、イタズラ防止の機能が働きキャンセルされるようです。 これは乗り合わせた人が偶然すべての階層が目的だったという可能性もあるので、重量計から搭乗人数を判断して条件によってはキャンセルされないようになってるそうです。 エレベーターって奥が深い。 ちなみに、お試しの際は自己責任で。 特に「停止不可の階に停止」は危険。 扉が開いたら床が無いかも。

次の

エレベーター二度押しキャンセルがダメな時は? (2019年7月9日)

日立 エレベーター キャンセル

エレベーターにはキャンセル機能 エレベーターの行き先階を押し間違えた時に、ボタンを二度押しするコマンドはいまや常識。 1990年以降に作られたエレベーターには、省エネ目的で行き先キャンセル機能が備わっていることが多いようです。 しかし、エレベーターの型番によってはボタンの押し方に微妙な違いがある場合や、そもそもキャンセルに対応していないこともあります。 そこで、エレベーターの二度押しキャンセルが効かない時に試すべきコマンドをメーカー別に見ていきましょう。 国内シェアトップといわれる三菱電機のエレベーターで二度押しキャンセルが通用しない時は「キャンセルしたい階数ボタンを長押し」という方法があります。 また、国内シェア2位の日立ビルシステムのエレベーターでも、二度押しがダメなら「キャンセルしたい階数ボタンを長押し」になります。 このため、エレベーターで行き先階を間違えて押してキャンセルしたい時に、ボタンの「二度押し」がダメな時は「長押し」を試すのが基本です。 エレベーターの3回押しキャンセル ただし、国内シェア3位の東芝エレベータの場合、二度押しが通用しない時は「キャンセルしたい階数ボタンを三回押す」もしくは「キャンセルしたい階数ボタンを押して点滅中に再度押す」というものです。 このほか、フジテックは「キャンセルしたい階数ボタンを5連打する」という方法があります。 日本オーチスの場合は、扉が開いている時に「開ボタンを押したままキャンセルしたい階数ボタンを押す」です。 なお「車いす兼用エレベーター」では、車いす用のボタンが押されると、通常よりも長く(約10秒間)扉が開くようになっている場合があります。 近くにあるからといって、むやみに車いす用のボタンを押すのは控えましょう。 あわせて読みたい•

次の

エレベーターの裏技6選!知っていると便利【マニアック集まれ】

日立 エレベーター キャンセル

エレベーターにはキャンセル機能 エレベーターの行き先階を押し間違えた時に、ボタンを二度押しするコマンドはいまや常識。 1990年以降に作られたエレベーターには、省エネ目的で行き先キャンセル機能が備わっていることが多いようです。 しかし、エレベーターの型番によってはボタンの押し方に微妙な違いがある場合や、そもそもキャンセルに対応していないこともあります。 そこで、エレベーターの二度押しキャンセルが効かない時に試すべきコマンドをメーカー別に見ていきましょう。 国内シェアトップといわれる三菱電機のエレベーターで二度押しキャンセルが通用しない時は「キャンセルしたい階数ボタンを長押し」という方法があります。 また、国内シェア2位の日立ビルシステムのエレベーターでも、二度押しがダメなら「キャンセルしたい階数ボタンを長押し」になります。 このため、エレベーターで行き先階を間違えて押してキャンセルしたい時に、ボタンの「二度押し」がダメな時は「長押し」を試すのが基本です。 エレベーターの3回押しキャンセル ただし、国内シェア3位の東芝エレベータの場合、二度押しが通用しない時は「キャンセルしたい階数ボタンを三回押す」もしくは「キャンセルしたい階数ボタンを押して点滅中に再度押す」というものです。 このほか、フジテックは「キャンセルしたい階数ボタンを5連打する」という方法があります。 日本オーチスの場合は、扉が開いている時に「開ボタンを押したままキャンセルしたい階数ボタンを押す」です。 なお「車いす兼用エレベーター」では、車いす用のボタンが押されると、通常よりも長く(約10秒間)扉が開くようになっている場合があります。 近くにあるからといって、むやみに車いす用のボタンを押すのは控えましょう。 あわせて読みたい•

次の